2015年2月23日月曜日

レベルメーターもどきを作ってみた。

デジットにあった、IR2E27という古いSHARP製ステレオVUメータICを使って、レベルメーターもどきを作ってみました。
入手しやすいレベルメータICは、モノラル仕様だったりして、ステレオで組む場合は大きくなってしまいますが、
こいつは、LEDの段数は少ないですが、1つでステレオ対応、構成部品も少数ですから、こうしたおもちゃを作るのに丁度いいです。

ちなみに、何故もどきなのかというと、ちゃんと校正していないから(笑)

っといってもデータシートに乗っている回路そのままですけどね。

ヘッドフォンの出力で動かす場合は、ちょっと出力不足なので、前段アンプを付けるほうがいいかも。


動かした感じはこんな感じで。
video

ま、こんなの今どき専用ICなんて使わなくても、マイコン一発だったりするんですよねぇ。

実はこれを作る前に実験でトランジスタだけ、汎用コンパレータだけで作ったんですが、
ダイオードの順方向電圧降下を利用したよくある奴だったので、前段アンプが結構強力でないと満足に動かなかったのでボツw

予備実験中のやつ。

video

ついでに、詳細不明なトランスとダイオードで整流しただけの電源不要アナログメーターもどき。

video

0 件のコメント:

コメントを投稿